旅行上手な人ほど荷物は少ないってホント!?

心配性は保険だけにしよう

旅行先ではいつ何が起きるか分からないからと、余計な物を大量に持って行ってしまう人が多いです。しかし、多くの場合で帰宅するまで一度も使わなかったものがあるでしょう。持病を持っている人は薬と応急処置出来る程度のものは必要ですが、荷物は半分程度で済むことが多いのです。一度旅行から帰宅したら、今回の旅で使わなかった物をリスト化して次回から家に置いて出ることにすると面白いでしょう。多くの物を家に置いて来ても、プラス1万円多く持って出かければ大抵のことは間に合います。旅先での現地調達は一度行ってみると楽しいものです。困った時には、現地で頭を使うので臨機応変さが身につきます。万が一に備えておく必要があるものは保険だけで十分です。日常生活を忘れて旅行を楽しむためには、普段の生活とは間逆なことをすると良いでしょう。

現地調達の楽しさを味わってみる

非日常を感じられるほど旅の思い出は強く印象に残るものです。家族と離れて一人旅を行うと、思いっきり楽しめることに気がつくでしょう。日本に住んでいると、世界中の食材が手に入りやすいので現地で食べる料理を自宅で再現することが出来ます。しかし、旅行先で初めて食べた時の味わい、感動には敵わないのです。家族旅行を行う時には、家族サービスの一貫として日常が垣間見えることがよくあります。一人旅を行えば、現地の人達はみな知らない人達ですから、普段のキャラとは違う隠れた自分自身を全開にして振る舞うことが出来るので、ストレスを発散することが出来るでしょう。携帯電話の電源は切って、SNSにもアクセスしない旅先での時間を大切にすることが帰宅してからの活力となるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です